BLOG

2014年11月26日 水曜日

毎日を健康に笑えるように

お口に優しい入れ歯として、BPSデンチャーといわれるものがあります。
これは、一度に上下の顎の型取りをして、筋肉や粘膜の動きといったものを精密に義歯に反映して製作していくものになります。

非常に精度が良く、安定した品質となります。
口を閉じて型取りをするのですが、今までと違ったフィット感で入れ歯を作ることができるようになりました。

このBPSデンチャーはシステム化されていて、歯科医と技工士とが情報共有できるので、患者様の要望をさらに取り入れやすくなりました。
口を閉じての型取りもポイントで、入れ歯が外れない状態をこの段階で目指すことができます。
また、粘膜部分の密着度がこれまでの入れ歯と違うため安定が良くなりました。

静岡市の方で、入れ歯でお困りの方は一度ご相談ください。

投稿者 小嶋デンタルクリニック