BLOG

2015年3月10日 火曜日

入れ歯でおいしい食事と最高の笑顔を

入れ歯での食事で、味がなく、おいしくないという経験はありますか。
装着したときの安定を考え、作製された入れ歯は大きくなることがあります。
これが原因です。
そのため、食べ物が口の粘膜に当たらず、食べる感覚が薄れます。

人の視線が気になるということはありますか。
装着している入れ歯が不自然に見えることが原因です。
肌の色や口角のあがりかたなども正確に把握していることが重要となります。

当院がお勧めするBPSデンチャーは、口を閉じた状態で、筋肉や粘膜の型取りを精密に再現し、製作します。
自然な色合いのフィット感と安定性が高い入れ歯が製作できるのは、患者様のお口の動きを反映しているためです。
静岡市で、入れ歯でお困りのかた、当院にご相談ください。
おいしい食事と最高の笑顔を取り戻すお手伝いをいたします。

投稿者 小嶋デンタルクリニック