ホーム > 精密義歯 BPSデンチャー

精密義歯 BPSデンチャー

今まで以上にフィットした、お口に優しく、自然な色合い、食事が楽しくなる入れ歯を。 そんなあなたにBPSデンチャー
精密義歯BPSデンチャーとは
BPSとは、Biofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)の略で、イボクラールビバデント社が開発した「よく咬め」「痛くない」「外れない」「美しい」を実現する高品質な入れ歯作製システムです。
口腔内の筋肉・粘膜の動きを型取りで精密に再現し製作します。上下顎の型取りを一度に行うことで患者様固有のお口の動きを反映した義歯が製作できます。
そのため、非常に精度の高い最新の入れ歯作製システムによってつくられ、安定した品質を確保しています。
口を閉じて型取りを行うため、口腔内の状態がより精密に型取りできます。そのため、今まで以上にフィットした入れ歯を製作できるようになりました。
BPSデンチャーのメリット 1快適なフィット感、2痛くならず食事が楽しい、3口の中や歯ぐきに優しく安全、4自然な顎の動きや発音ができる、5個性に合わせた自然な色合い、6掃除がしやすくにおいがつきにくい
BPSデンチャーの特徴
精密な入れ歯制作

BPSデンチャーシステムは製作工程が精密・綿密にシステム化された、入れ歯製作法です。システム化が確立されると、Drと技工士との情報共有が効率的であり、患者さまのご希望を詳細に反映することができます。

型どりが最大のポイント

歯科医師が手により押したり、頬と引っ張ったりすることはほとんどありません。患者さま自身の動きで自然な圧力をかけていきます。それにより筋肉・唇・舌などを精密に型に反映されます。型取りの段階で外れない状態を目指します。

自然なつけ心地

BPSデンチャー最大の特徴は、覆っている粘膜面の面積にあります。
型取りの精度が高いので、密着する粘膜部分が多いのです。そのためフィット感と安定性が高く、入れ歯の存在を忘れるような自然なつけ心地を実現しています。

相談から噛めるようになるまでの流れ

ご来院いただき、まずカウンセリングシートに記入していただきます。

カウンセリングシートをもとに、いま使用されている
入れ歯の不満点などをお聞きします。
どの程度の治療がよいのか、どんな入れ歯が最適なのか、
話し合いの中で検討いたします。

診療前に検査を行い、安全を確認してから診療を行います。診療後、次回の診療予約を受け付けます。

次回診療の前に、再度カウンセリングを行います。
前回の治療の説明はもちろん、今後の治療計画を説明します。

  • BPSデンチャーで入れ歯をつくるかどうかは、このとき決めていただきます。対象となるのは「いまの入れ歯にプラスαを求める人」です。
  • 説明は図や写真などを使い、誰にもわかりやすく行うよう
    努めています。

費用

BPSデンチャー(片顎)\600,000(税込)
BPSデンチャー
+チタン床(片顎)
\750,000(税込)
BPSデンチャー
+トルティッシュ(片顎)
\750,000(税込)
※オプション:
エステティック加工
+\150,000
より自然の歯・歯肉に仕上げます


BPSデンチャーの制作例
10年間ほど総入れ歯をつけていましたが、ずっと合わずに違和感を持っていた患者さまの例を紹介します。
最適な入れ歯をつくるには、段階を踏むことが大切です。
まず、いま使用している入れ歯を調整し、リハビリデンチャーを保険内で作製しました。リハビリデンチャーで噛み合わせ・粘膜・筋肉を適性に調整します。
噛み合わせが合ったら、BPSデンチャーを製作しました。
  • 期間 4ヶ月
  • 費用 総計\1,200,000(1床\600,000)
技巧所との連携 杉山雅規
BPSデンチャーは、専門の歯科技工士が立ち会い、患者さまの口腔内の状態、顎や筋肉の動き、噛み合わせなどを細かくチェックしながら製作を進める必要があります。

いわゆるフルオーダーメイドとなるので、歯科技工士にも当然、高いスキルが求められます。歯科技工士が立ち会うことで、入れ歯の製作に必要なチェックを詳細に行えることはもちろん、患者さまの安心感が高まるという利点もあります。
型取りは医院内で、製作は技工所で行います。当院では技工所および歯科技工士と常に連携を取り、よりよい入れ歯の製作に努めています。
歯科技工士 杉山雅規の経歴
1988年3月 日本大学歯学部附属歯科技工専門学校卒業
1990年9月 (株)デント・ラボス入社 義歯部配属
2010年3月 Ivoclar Vivadent本社研修センター(リヒテンシュタイン公国)にてBPS研修受講。BPSテクニカルライセンス取得
2010年5月 社屋移転および取締役就任
2011年6月 ドイツ エルランゲン大学にてCAD・CAM研修受講
2012年8月 VITA本社(ドイツ)にてVITA PAN・Lingoform 人工歯セットアップ研修受講
2013年2月 Amanngirrbach本社にて総義歯システム研修受講
2013年5月~白水貿易 VAS総義歯システムの講師を務める。
2013年11月 総義歯臨床のHands on “保険&自費”どちらにも対応します
(株)デンタルダイヤモンド社