ホーム > 総入れ歯

総入れ歯

保険でできる入れ歯

保険でできる総入れ歯はプラスチックの義歯床のため、分厚くなったり違和感が強くなりやすかったりする場合がありますが、料金が安くなおかつ修理しやすいといったメリットもあります。

費用約\10,000(片方のみ)
審美性
咬み心地
フィット感


BPS義歯

BPSとはIvoclar Vivadent社が開発した生体機能的補綴システムを意味しています。
「よく咬める」「痛くない」「外れない」「美しい」を実現する合理的にシステム化された最新の入れ歯作製法です。
>>詳しくはこちら

審美性☆☆☆☆☆
咬み心地☆☆☆☆☆
フィット感☆☆☆☆☆


金属床義歯(チタン、コバルト、トルティッシュ)

金属床義歯とは、義歯床(粘膜と接する面)を金属で作製する入れ歯です。
金属にすることで、入れ歯を極限まで薄くすることができ、通常のプラスチック製の入れ歯よりも違和感が少なく、食べやすく、話しやすくなります。

審美性☆☆☆
咬み心地☆☆☆☆
フィット感☆☆☆☆

デメリットとしては修理が難しかったり、不可能な場合があります。


金属床に使用する金属
①チタン:金属の中では最も軽く生体親和性に優れる合金です。金属アレルギーなどの心配も少なく、インプラントや人工関節にも多く使用されています。
②コバルトクロム:熱伝導がよく加工が容易な合金です。金属床義歯では最もポピュラーな金属として使用しています。
③トルティッシュ:網目状にミクロの孔が無数にある特殊な金属を使用しています。この孔により、食事の時の味・温度など口の中の全体に広がりやすいです。炭酸なども実感できる金属です。

金属床の費用
①チタン床\300,000(税込)
②コバルトクロム床\200,000(税込)
③トルティッシュ\250,000(税込)

オールシリコーン義歯

歯肉に接する面にやわらかいシリコーンを貼ります。骨が減り入れ歯がズレやすい方におすすめです。入れ歯が当たり痛いということが圧倒的に少なくなります。
デメリットとしてシリコーンは分子的に疎であるため、汚れが付きやすかったり、修理が難しい・不可能といったことがあります。
またシリコーンが剥れる事もあり2~3年の耐久となります。

費用\200,000(税込)
審美性☆☆☆
咬み心地☆☆☆☆
フィット感☆☆☆☆


インプラントオーバーデンチャー

2本~数本のインプラントを支台にし固定源として入れ歯をつくります。
入れ歯がしっかりと固定されるため、安定性が高く咬む機能が大きく回復されます。
4本のミニインプラントを使用する場合、マグネットを使用する場合と分かれます。

審美性☆☆☆
咬み心地☆☆☆☆☆
フィット感☆☆☆☆☆


①ミニインプラント
4本のインプラントを使用します。骨が薄くても比較的安全です。

費用
\400,000/4本(ミニインプラント)+義歯
※インプラントを使用した場合、義歯は自費となります。
プラスチック義歯\100,000
金属床①チタン床 \300,000(税込)
②コバルトクロム床 \200,000(税込)
③トルティッシュ \250,000(税込)

②マグネットインプラント
2本のインプラントで固定します。インプラントの径はある程度必要となります。

費用
\300,000/本(マグネットインプラント)+義歯
※インプラントを使用した場合、義歯は自費となります。
プラスチック義歯\100,000
金属床①チタン床 \300,000(税込)
②コバルトクロム床 \200,000(税込)
③トルティッシュ \250,000(税込)