ホーム > 院長紹介・クリニック案内

院長紹介・クリニック案内

小嶋デンタルクリニック概要

小嶋デンタルクリニック 小嶋デンタルクリニック
院長小嶋 隆三
住所〒422-8042
静岡市駿河区石田3-11-32
TEL054-654-1020
FAX054-654-1021
駐車場有り:8台
その他バリアフリー仕様

診療時間
診療時間日・祝
9:00~13:00
14:30~18:00
△:14:00~17:00
休診日:日・祝
予約制のため、お越しの際はお電話下さい。
交通アクセス
JR東海道線 《静岡駅》バス20分
静鉄バス 南循環線 《静岡消防署前》徒歩1分
目印 SBS通り アピタ静岡店より西へ静岡南消防署 横
院内・外観写真
受付
受付
スロープ
スロープ
※車いすの方もお越しいただけます
カウンセリングルーム
カウンセリングルーム

 
診察室1
診察室1
※車いすの方もお越しいただけます
診察室2
診察室2
待ち合い
待ち合い

当院へのご来院を検討されている患者様へ

分かりやすく丁寧な説明で皆様に安心と理解を
当院には、入れ歯に悩む多くの患者さまがご来院されます。
近隣の方はもちろん、東は東京、西は焼津、島田方面からといった遠方の患者さまも少なくありません。
そのほとんどが、「入れ歯がしっくりこない」という悩みを抱えて転院を重ね、他の患者さまからのご紹介で当院を知り、ご来院されています。

院長 小嶋隆三

院長 小嶋隆三 院長 小嶋隆三
静岡市 羽鳥出身
2002年3月 静岡西高校卒業
2008年3月 鶴見大学歯学部卒業
鶴見大学歯学部付属病院、総合歯科Ⅱにて研修
医療法人 麗歯会 加藤歯科医院にて研修
医療法人 UG会 多田歯科医院 勤務
医療法人 清明会 静岡リハビリテーション病院 非常勤 勤務
2013年5月 小嶋デンタルクリニック 開設
株)Ryu メディカルグループ 静岡石田Ryuメディカルトレーニングデイ開設

所属学会・所属団体
日本口腔インプラント学会 
日本スポーツ歯科学会
日本歯科医師会
BPS義歯認定医
床矯正研究会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会
日本歯科先端技術研究所
静岡市歯科医師会
インプラントアソシエイトフェロー
中部オーラルコンセプト

歯科医を目指した経緯 小嶋デンタルクリニック
高校時代はいわゆる高校球児で、野球漬けの青春時代でした。高校卒業後、一念発起して医学の道を志すようになりました。
横浜の鶴見大学歯学部で学び、卒業後は勤務医に。勤務していた病院のひとつがリハビリテーション系だったので、そこで高齢者の方がいかに入れ歯で苦労されているかを目の当たりにしました。

言うまでもありませんが、正しい噛み合わせは日常生活にたいへん重要です。
それがリハビリ中の高齢者であれば、なおさらのことです。正しい入れ歯こそが、健康を取り戻す近道なのです。
歯科医院を開業するに当たり、特に入れ歯に力を入れるようになったのは、そういった経験が背景にあるのです。
勤務医時代の経験 リハビリ環境
なぜ介護施設を併設しているのか。そのきっかけは、非常勤で働いていた医療法人清明会 静岡リハビリテーション病院の経験にさかのぼります。
心筋梗塞などで入院された患者さまの場合、回復期も病院にいるためにリハビリテーションは順調に進みます。しかし、退院されると在宅でのリハビリテーションを次第に行わなくなってしまう患者さまが後を絶ちませんでした。それでは、回復するはずの身体機能が回復せず、今後の人生にも少なからず影響が及ぶかも知れません。
そのため、リハビリを行う「きっかけづくり」のひとつとして、介護施設を併設することにしました。

在宅リハビリの問題点のひとつは、ご家族の負担が増大することです。しかし介護施設があれば、その負担を軽減させることができます。
また、意識的に体を動かすリハビリは、「歯でしっかり噛みしめる」ことが大切です。そのためリハビリと並行し、歯の治療を行っている患者さまも少なくありません。
また入れ歯に合わせた食事指導が行えるのも、歯科医院と併設しているメリットといえるでしょう。

歯科医院と介護施設が強固に結びつき、患者さまに最適な歯の治療とリハビリ環境を提供することが私の願いです。ひいては地域内の他の医療機関とも連携を強め、地域医療に貢献できるネットワークを実現することが、将来の目標です。
静岡石田Ryuメディカルトレーニングデイ
BPSデンチャーと言われる入れ歯をお勧めします! BPSデンチャー
当院では、入れ歯に力を入れています。その中でも特に「BPSデンチャー」という入れ歯を、患者さまにお勧めする場合が多いです。
では、なぜBPSデンチャーをお勧めするのか。それには、いくつか理由があります。
1.品質が高く、しかも安定している
入れ歯の品質は、製作する技師の技術力による要素が大きく、そのため品質にばらつきが生じることもありました。それに対してBPSデンチャーは、常に一定水準以上の品質を保証できる安心感があります。
2.自然な使い心地
素材が限定される保険適用内の入れ歯に比べ、つけ心地に違和感を覚えるようなことはありません。日常を快適に過ごせるので、歯に関してストレスを感じることはありません。
3.インプラントに比べて手軽
歯が抜け落ちてしまった患者さまへの対応としては、入れ歯の他にインプラントも選択肢となります。
インプラントは人工歯根を顎骨に「埋め込む」ため、心理的に抵抗がある患者さまは少なくありません。その点、BPSデンチャーは「つける」だけです。治療費用もインプラントと比較するとはるかに安価なので、より多くの人にご利用いただけるものと考えています。
落ちない!ずれない快適なBPSデンチャー

初めて入れ歯(義歯)を検討されている方へ

「つけ心地に違和感があるんじゃ…」 「口の中にものを入れるのはちょっと…」 「毎日の取り外しが面倒くさそう…」 入れ歯
入れ歯に対して、そんなマイナスのイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
確かに、品質の悪い入れ歯にはその通りのものもあります。
しかし、きちんとステップを踏めば、かならず満足のいく入れ歯を完成することができます。

また、入れ歯は完成して終了というものではありません。加齢による口中の変化に対応するために、定期的な調整を行うことをお勧めします。
総入れ歯の場合、それほど頻繁に取り外す必要もありません。ほとんど自分の歯と変わらない生活を送っていただけます。

部分入れ歯をご検討されている方>>
総入れ歯をご検討されている方>>

既に入れ歯(義歯)を使用されている方へ

入れ歯
既に入れ歯を使用されている方から、多く伺うお悩みは「入れ歯をつくったときは口になじんでいたけれど、少しずつ違和感が出てきた」というものです。
入れ歯は口の中を型取りしてつくられます。口の中は筋肉でできているので、年齢を重ねると筋肉が萎縮していきます。それに伴い、歯並びや噛み合わせも変わるので、徐々に入れ歯が合わなくなってくるのです。
残念ながら、入れ歯は完成後のメンテナンスに対する意識が高いとはいえません。そこが、違和感を生む根本的な原因なのです。
いま、入れ歯で悩み、「こうなればいいのに…」という希望をお持ちの方は、ぜひ当院にご相談ください。