ホーム > お悩み・トラブル別アプローチ

お悩み・トラブル別アプローチ

保険適用の入れ歯 と 自費の入れ歯との違い

保険適用の入れ歯 と 自費の入れ歯との違い
保険でできる範囲内の入れ歯はどんな入れ歯を作製できますか?
保険の範囲内で入れ歯をつくる場合、製作できる設計の範囲が限定されます。
また、材料も認可されたものに限定され、主にプラスチックのような材質の「レジン」が使用されます。保険適用の入れ歯は「レジン床入れ歯」と呼ばれます。
保険と自費の入れ歯の違い
また保険適用の入れ歯で使う材質のレジンは、素材の性質上、一定の厚みが必要となります。それが装着時の違和感につながることもあります。

保険適用外の金属床入れ歯の場合、レジンよりも薄くつくることができるチタンやコバルトなどを材料に使うため、より自然な装着感を実現します。

またオリジナルの設計で作製するため、希望通りや自由度が広がります。

入れ歯が合わない

入れ歯が合わない原因
入れ歯が合わないトラブルの大半は、噛み合わせが合っていないことが原因です。
元々の型取りが悪かったという原因の他、最初は合っていても、使い続ける中で噛み合わせがずれてくることもあります。

入れ歯が外れる、落ちる、ずれる

入れ歯が外れる、落ちる、ずれる原因
入れ歯が外れたり落ちたりするトラブルの原因は、入れ歯と口の粘膜面がフィットしていないことが原因です。
入れ歯のサイズが口に対して大きかったり、または小さかったりした場合に起こります。
また、噛み合わせ悪い場合も入れ歯が外れたり落ちたりします。

人の視線が気になる

人の視線が気になるということは、口から見える入れ歯が不自然に見えるということです。
肌の色や、口角のあがり方なども重要となります。またバネなどが見える場所に設計されると審美的に気になります。
お勧めの入れ歯
このような症状でお悩みの方は、

口のまわりが腫れて痛い

口のまわりが腫れて痛い原因
口のまわりが腫れて痛くなるのは、入れ歯が合っていないことが原因です。
例えば、上あごが総入れ歯で、下あごが前歯だけ自分の歯が残っている場合、自然と食べ物を前歯で噛もうとしています。そのため、突き上げが起こり義歯の脱落と粘膜の腫れをきたすこととなります。
お勧めの入れ歯
このような症状でお悩みの方は、まず奥歯で食べ物を噛むようにする咀嚼指導を行います。 

入れ歯で食事をすると味がしない、まずい

入れ歯で食事をすると味がしない、まずい原因
食べ物の味がしなかったり、まずかったりする場合、入れ歯が大きかったり、厚過ぎないか確認しましょう。
装着したときに安定した入れ歯をつくろうとすると、自然と入れ歯のサイズが大きくなってしまう傾向があります。口の粘膜に食べ物が当たらないので、食べ物を食べる感覚が薄れてしまうのです。総入れ歯の人が「炭酸飲料のシュワシュワ感が感じられない」と不満に思うことがその典型です。
お勧めの入れ歯
対策としては、適正な大きさの入れ歯をつくることはもちろんですが、内側をくり抜いたり、メッシュを入れたりして食べ物が粘膜に当ようにします。
入れ歯をつくるなら、金属床や無口蓋入れ歯をお勧めします。

30代で入れ歯を検討している

入れ歯の検討
インプラントは入れ歯と違い、人工歯根を顎骨に埋め込みます。そのため抜け落ちないという利点があります。しかし、固定されているが故に、その部分に汚れ(歯垢)が溜まりやすくなるというデメリットもあります。それに対して、入れ歯は取り外すことができるため、清掃管理がしやすいというメリットがあります。
またコスト面では、インプラントは入れ歯に比べて非常に高価なものです。こういった理由から、30代であっても、入れ歯は十分検討に値する選択肢であるといえます。

ただし、30代の方にいきなり入れ歯をお勧めすることはありません。まず一般的な歯科治療を行い、入れ歯を装着した方がよいと判断したとき、初めて入れ歯をお勧めしています。